Exif情報とは?→撮った場所などが写真に残る!

Exif情報とは、簡単に言うと写真データに残る以下のような情報のこと。
撮った場所
サムネイルデータ
撮った時間
撮ったカメラ


撮った場所の情報は、「ジオタグ」とも呼ばれます。

これらに注意を払わずに写真をネットに公開していると、個人情報がばればれになることがあります。

たとえば・・・

以前に個人情報がバレた画像ファイル


exifをみるとGPS情報から町田在住ということが明らかに


↓の人はモザイクかけて画像をupしたのにexifのサムネイル情報から顔バレ

http://i.imgur.com/zsOvM.jpg


個人情報を守るには


その1、まずはExif情報を記録しないこと。

写真に埋め込まれる情報のうち、位置情報については設定で埋め込まないようにすることが可能です。(ほとんどの場合)

位置情報は

「位置情報」

「ジオタグ」

「Geto-tag」

などといった表記で記載されていますので、その項目を"保存しない"や"OFF"などに設定しましょう。


iPhoneの場合

設定→一般の「位置情報サービス」から、まとめてOFFにするかアプリごとにOFFすることができます。



カメラアプリを使っている場合は、そのアプリに対して一般設定でオフにするか、そのアプリ内の設定画面でオフにしましょう。
記録されているかどうか不安な場合は、試しにそのアプリで撮った写真を 安全カメラ などのExif情報表示アプリで開いて確認しておきましょう。

Androidの場合

アプリの設定を確認しましょう。

「ジオタグ」をOFFにすればOKです。


デジカメの場合

まず、GPS機能付きかどうかを確認してください。

GPSの機能がなければ、位置情報が埋め込まれることはありません。

GPSの機能がある場合は、GPSの機能をオフにすることで、位置情報が埋め込まれるのを防ぐことができます。


その2、すでに記録されてしまったExif情報を削除する。

画像の加工ソフトで再保存することで位置情報を消すか、専用のアプリやソフトを使用します。


iPhoneの場合

簡単で分かりやすいのは、専用アプリを使うこと。

たとえば安全カメラなどです。

'geotag' などで検索するといくつか引っ掛かりますが、有料のアプリがほとんどです。


無料でできる簡単な方法は、MMSに写真を添付して送ることです。

iPhoneの仕様で、自動的に位置情報が削除されるようです。(iPhone3,iPhone4)


Androidの場合

PhotoInfoEraser (無料)などのアプリで消しましょう。

Exifで検索すれば、他にも無料のアプリがいくつもヒットします。


デジカメの場合

パソコンに転送してから、フリーソフトで消しましょう。

たとえば、画像をドラックするだけで自動でExif情報を削除するソフト「ExifEraser」 http://t.co/kWp2FSva

などです。


位置情報以外のExif情報を消すには

Exifには、位置情報以外にも、サムネイル(縮小版画像)やカメラ機種なども記録されています。

これらは、iPhoneやAndroid単体だと消せないものが多いです。

PCに転送したうえで、デジカメと同様に削除ソフトを使用しましょう。

PCへの転送は、Dropboxなどを使用すると便利です。









blog comments powered by Disqus